脱毛って痛いんじゃなかったの!?

仲間に連れられて脱毛サロンの脱毛施術を受けに行く展開になりました。

脱毛の事を解説するケースに仲間は真剣な顔で「痛すぎて泣くよ」と言ってきたのです。

痛みに弱い私は、これにはかなりビビりました。

仲間が真面目に話していたので、パーフェクトにその事が本当だと信じ切っていたのです。

だからかなり痛いと聞いて、強い決心を持って脱毛に行くようにしました。

脱毛ははじめに心理コンサルティングをしてそれから脱毛をするという形なのです。

私が通った脱毛施設は直ちにには脱毛できなくて、最初に心理コンサルタントをしてから日を開けて、脱毛を行うようにしました。

でも待てども待てども特に強い苦しみがなかったんです。

苦しみに歯を食いしばっていたと言うのに全くニュアンスがないのですでした。

また驚く間に直ちにに脱毛が終わって苦しみはわずかくらいで終わってしまったのです。

「痛いんじゃなかったの!?」とものすごく感銘がありました。

脱毛を体験して見て私は痛さなんてほぼ無かったと思っています。

あんなに脅かされのにこんなに痛くないのかと拍子抜けでした。

友人はあの日なぜあんなに真剣な顔で「痛い」と言ったんでしょう?真面目な子なので、冗談と言うのは考慮しられないだけに不思議です。

友人がやった脱毛は私の脱毛と違って相当痛いものだったのでしょうか?それとも友人にうまく騙されたのでしょうか?その友達に会う機会があまりなくて未だに聞けてないけど、友人が如何なる脱毛を受けたのか今度聞いてみようと考えました。

脱毛に勤しむ女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です